公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

私は今、苦手だった英語を克服するために勉強を頑張っています。学校が休校になっていたこともあり、初めはなかなか勉強に対するモチベーションがあげられず、苦労しましたが、今では楽しく勉強することができています。いつか自分の語学力だけで世界中の色々な所へ行くのを夢に見て、これからも努力していこうと思います。

アイコン:高校2年 Hさん 高校2年 Hさん

学業では、前期期末試験が終わり、後期に向けて気合を入れているところです。後期中の目標は毎日復習をし、基礎学力を身につけ、応用的なことに挑戦したいと思っております。後期に入り、部活が半年ぶりに再開します。とても久しぶりに活動するので、頑張ります。

アイコン:高専2年 Gさん 高専2年 Gさん

前回夏休み明けに基礎力診断テストがありました。全体的に点数は下がってしまいましたが、全体の2位でした。間違える問題数が減ってきたので、落ち着いて取り組みたいと思います。これからテストや行事がたくさんありますが、自分らしく頑張っていきたいと思います。

アイコン:高校1年 Kさん 高校1年 Kさん

私は先日、実用英語技能検定を受けてきました。受験の際に、役立つと聞いたのと、将来の夢を叶える一つの材料になればと思ったからです。実際受けてみると、とても難しかったですが、とてもためになる経験でした。また、学校生活では、先生方を含め、受験を意識した話がよく出ます。友人も真剣に進路について考えているようで、私自身、少し焦りや不安な気持ちもありますが、自分なりにたくさん悩んで、考えて、数字や形だけにとらわれることのないよう選択をしようと思います。

アイコン:高校2年 Mさん 高校2年 Mさん

奨学生の自己紹介冊子を見て、私も留学してみたいなと思ったり、人にものを教えてみたいなと思ったりしました。ほかの人がどのようなことを考えているかを知り、自分も共感することができたので良かったです。近隣の学校に奨学生がいたので、これをきっかけに話せることができたらいいと思いました。自分の夢に向かって頑張っていきたいと思います。

アイコン:高校1年 Kさん 高校1年 Kさん

例年よりも短い夏休みが終わり、今月末の体育祭に向けて目まぐるしい日々を送っています。貴団の「奨学生認定授与式」を拝見しました。理事長の「やらまいか精神」のお話、深く胸に突き刺さりました。高校生活にも慣れてきて、2学期に入り、日々マンネリ化していく中、浜松の「まずやってみよう」というチャレンジ精神を胸に刻み、常に新しいことに挑戦していくことを忘れずに、日々を楽しみながら過ごしていきたいと思います。

アイコン:高校1年 Sさん 高校1年 Sさん

授与式のビデオを拝見し、また自己紹介の冊子を読んで、自分と同じく夢に向かってがんばっている仲間が大勢いることを知り、とても励みになりました。

学校生活の方では、クラスや部活の仲間たちと勉学に励んでいます。

いつも応援してくれる先生や財団の皆様に感謝を忘れず、奨学生や学校の仲間たちと共に、夢に向かって頑張ります。

アイコン:高校3年生 Fさん 高校3年生 Fさん

今年度は懇親会がなくなってしまいましたが、動画を拝見し、自分が新規奨学生の頃を思い出しました。また、理事長のメッセージでは、人間関係の形成の大切さを再認識しました。残りの大学生活で様々な経験を積み、よりよい人間関係を形成できるような力を身に着けたいです。

アイコン:大学3年 Oさん 大学3年 Oさん

2週間の短い夏休みが終わり、授業が始まりました。新型コロナウイルスの影響で授業の進度が心配でしたが、夏休みを短くしたことで補うことができました。理事長のメッセージや授与式の映像を見て、頑張っている仲間の存在を実感したと共に、勉強へのやる気がより一層強くなりました。9月下旬には第2回定期テストがあるので、それに備えて頑張っています。

アイコン:高校1年 Oさん 高校1年 Oさん

寄贈式の映像を拝見させていただきました。参加することはできませんでしたが、雰囲気を感じることができました。私は進路について、とても悩み、先生や家族からたくさんの助言をもらって、決めることができました。自分の目指す進路を実現できるよう、努力を重ねていきたいと思います。

アイコン:高校3年 Aさん 高校3年 Aさん