公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

エクセルやワード、タイピングの検定を受けることにしました。私は電子機器系に強いので、自分なりに頑張っていこうと思います。

アイコン:高校2年 Wさん 高校2年 Wさん

高校生活の約半分が終わりました。部活では、3年生がもうすぐ引退し、自分たちの代になります。先輩たちが今まで築いてきたことを後輩につなぐためにも、自分達が頑張らなければなりません。
また、最近は模試が多いです。本格的に受験の準備が始まります。模試でも学校のテストでも、自分の力が試せる機会では100%を出し切れるよう、常日頃からの準備を怠らないよう努力したいです。

アイコン:高校2年 Yさん 高校2年 Yさん

つい先月、前期末テストと前期全体の成績が公開され、無事クラス1位を維持することができました。毎日図書館へ通い、勉強した甲斐があったと思います。また、後期中間試験も控えているので、この生活習慣を維持できるように努めたいと思います。

アイコン:高専2年 Yさん 高専2年 Yさん

緊急事態宣言によって夏休みが長引き、学校の授業はリモートで行われました。普段の授業と違うところもあって大変でしたが、自由に使える時間が増えた分、時間の使い方について改めて考えることができました。これからも自分の目標を達成するために、努力を続けていこうと思います。

アイコン:高校2年 Tさん 高校2年 Tさん

今年度は久々に年度初めから全体での登校となり、昨年度の分割登校では別グループで会えなかったクラスメイト達とも会うことができました。夏休み前までは徐々にwithコロナ生活にも慣れてきたと思っていましたが、その後感染が再拡大してしまい、高専でも夏休み明けから1か月間、再び遠隔授業になってしまいました。長期休暇後の遠隔授業とあって、勉強習慣が戻らず、レポートと課題のみの毎日が続いてしまいましたが、後期に入るタイミングで登校となり、今はペースを戻すことができています。しかし、予習はおろか復習もまともにやらなかった1か月分の反動は大きく、前の単元を使う場面では、毎回教科書をめくる羽目になっています。沿革期間中に実施された前期期末試験のクラス内順位は、44人中15位と、なんとか上位30%程度を保てていたため、これ以上順位を落とすことのないよう、今回の反省を活かし、勉強に励みます。
また、学校外のこととしては、今年度末に実施される基本情報技術者試験に向けて専門科目と並行して勉強を進めています。さらに、この上位にあたる応用情報技術者試験についても取得しておきたいと考えています。まだ進路について具体的なイメージがつかめない状態ですので、どの方向にでも進めるよう、TOEIC700点を目指し英語の勉強をしています。
勉強外のことでは、10月下旬に高専祭がありました。例年は一般の方の来客もあり、野外ステージ企画などもある大きなイベントですが、今年は情勢を踏まえて学生のみ参加の小規模な開催となりました。僕はそのステージのバックアップを担当する、総合技術研究開発部という部署に所属しているため、準備、片づけを含め4日間の活動があり、普段とは比べ物にならないほど濃い日々を送ることができました。僕は音響担当で、音の入力からミキシング・イコライジングなどを通して、スピーカーに行くまでの音声信号の流れを知ったり、実際の配線を通して、様々な端子の規格や配線時のルール・注意点を知ることができ、とても貴重な経験ができました。ここで得られた経験は、将来役立ちそうなものばかりで、先輩後輩との交流の場ともなっているので、来年度以降も引き続き頑張ろうと思います。

アイコン:高専3年 Sさん 高専3年 Sさん

一時は分散登校も計画されていましたが、全国のコロナウィルス感染者が急激に減少し、緊急事態宣言が解除されたため、通常登校できることになりました。後期から始まった専門科目の実験・実習は、友達と一緒に取り組むことができ、楽しく学校に通っています。私はプログラミングが楽しいので、実習課題では毎回上位課題に挑戦しています。マイコンを使った実習もあり、対面でなければ達成できないものがあると感じています。
10月末には高専祭が学校関係者のみで開催されました。昨年度はアンサンブルのみで部員全員で合奏することができませんでしたが、今年度は全員で演奏ができ、とても嬉しいです。1月の演奏会に向けて練習し、来場いただいたお客様に喜んでもらえるように頑張ります。

アイコン:高専2年 Sさん 高専2年 Sさん

高校生活も半分以上が過ぎました。
今年の夏には文化祭がありました。僕は、所属しているギター部の発表のほかに、仲間と組んだバンドでステージに立ちました。私の高校では伝統的に、毎年有志のバンドが体育館で演奏します。あれほど大勢の前で演奏するのは初めてで、本番前はとても緊張しましたが、始まってからは本当に楽しく、良い演奏をすることができたと感じています。
所属している数学同好会では、今年もプリントによる問題演習を先生に添削していただく活動を続けています。数学の記述力はだんだんと上がってきて、今では去年の自分の答案を見返すと恥ずかしくなるほどです。文系の授業では、もう教科書の内容を終え、受験に向けた演習をしています。一年生の時の苦手分野ともう一度向き合わなければならず少し大変ですが、ここでしっかり復習して、大学入試に備えたいと思います。高校生活の残り半分、少しずつ勉強の比重を大きくして、受験モードに切り替えていこうと思います。

アイコン:高校2年 Kさん 高校2年 Kさん

高校生活も折り返し地点となり、最近は進路について本格的に考えるようになりました。2学期はコロナウィルスによって、少し内容に制限があったものの、運動会を楽しむことができました。私の高校の運動会は、1年生から3年生の縦割りブロックで1つのチームとなり、テーマに合わせたブロックのダンス、競技など多くの部門があり、1か月以上前から準備をします。去年は主体的に参加することができず、行事の楽しさがあまり理解できずに終わってしまいましたが、今年は毎日夜の8時頃までダンスの練習に参加しました。毎日のように参加すると、先輩方も私たちのことをとても頼りにしてくれて、仲良くなることができました。大変なことも多い運動会でしたが、試行錯誤した経験はためになったと思います。
10月に入ると行事が終わり、静の時期に入りました。テストや模試が重なり大変ですが、たまに部活で登る山の自然に癒されながら、受験までの残り少ない時間を大切にしたいと思います。勉強も部活も行事も、「二兎も三兎も追う」精神で頑張ります。

アイコン:高校2年 Kさん 高校2年 Kさん

最近学習面で特に力を入れて頑張っているのは、英語、国語、数学です。学校の授業と同時に、日々の家庭学習の時間を大切にしています。特にこの3教科は、2年生のうちに極められるよう努力して取り組んでいます。
生活面では、生徒会の活動を通し、みんなで協力し意見を出し合い、今までにない明るい学校にしようと考案しています。
また、部活動(バスケット部)においては、シュート練習や長距離走の走り込みで体力をつけ、悔いのない試合ができるよう頑張っています。
コロナ禍で思い通りにならない日常もありますが、学校生活を通して勉強、部活動と、今できることを一生懸命努力して前進します。

アイコン:高校2年 Aさん 高校2年 Aさん

高校生活も残りわずかとなり、1日1日を充実したものにするために友達との時間を大切にしたり、先生方とのコミュニケーションを大事にしたりして過ごしています。3学期は2週間ありますが、その内の1週間は学年末テストです。学校生活最後のテストとして、悔いのないような結果になるように頑張りたいと思います。

アイコン:高校3年 Mさん 高校3年 Mさん