公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙
  3. 高校1年生から

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

高校1年生からの手紙

今月末の期末試験に向け、勉強を始めたところです。日々勉強する中で、英語の楽しさや大切さに気付き、最近では特に力を入れて勉強しています。
新型コロナウィルスも収束し始め、部活動においても本格的に活動が再開し、今は次の大会に向けて日々仲間と切磋琢磨しています。
また、今まで延期、中止を繰り返していた学校行事も計画され、今月だけでも2つほど予定されています。
これからも勉強と部活動を両立させ、どちらもおろそかにならないよう頑張ります。

アイコン:高校1年 Oさん 高校1年 Oさん

高校に入学してから半年が過ぎ、楽しく充実した学校生活を送っています。
先日オープンスクールがありました。中学生の姿を見て、昨年の今頃はまだ、進路に悩んでいた自分を思い出し、時の流れは早いなと感じました。きっとこの3年間もあっという間に過ぎてしまうので、1日を大切に、充実した生活を送りたいです。
勉強面では、中間テストのコミュニケーション英語で、クラス1位をとることができました。特に英語の勉強に力を入れているので嬉しかったです。しかし、理科数学が苦手で、それが点数にも表れていたので、もっと頑張りたいです。
その他には、家庭科の授業の一環で、保育実習に行きました。中学2年の職場体験で一度経験したことがあったのですが、それでも久しぶりでとても大変でした。園児同士が喧嘩したり、言うことを聞かなかったり、「危ない」と注意しても上に乗っかってきたり、とにかく園児達が元気すぎてとても苦労しました。でも、初めて会うのにたくさん話しかけてくれたり、似顔絵を描いてくれたりと、かわいくて無邪気な姿を見てほっこりし、日頃の疲れが癒されました。また行きたいです。
これからも自分の将来について考えながら、勉強や部活、遊びにも全力で取り組みたいです。

アイコン:高校1年 Kさん 高校1年 Kさん

7月の期末試験で、私は総合点・成績共にクラスで1位をとりました。努力が実り、とても嬉しかったです。
9月は全商英語検定を受けました。99点という高得点をとれて嬉しかったのと同時に、悔しい気持ちにもなりました。
10月には中間試験と体育大会がありました。試験では、1学期末の試験より結果が落ちてしまい残念ではありましたが、自分のベストを尽くせたと思っています。体育大会は、高校生になって初めての全体行事でした。私は走り高跳びに挑戦しました。1回目で足が引っかかってしまい、決勝までは進めませんでしたが、新しいことに挑戦できて良かったです。

アイコン:高校1年 Yさん 高校1年 Yさん

後期に入り、高校生活にも慣れ、勉強も部活も頑張っています。
勉強面では家での学習習慣が身につき、宿題以外の勉強にも自主的に取り組んでいます。
部活では新人戦が終わり、来年の県総体に向けての練習をしています。新しいポジションに挑戦したり、体力づくりをしています。練習はきついですが、先輩や友達とソフトボールをするのは楽しいです。
私にはずっと看護師になるという夢がありましたが、最近では、教師やスポーツ関係の職業にも興味を持っておえい、今は自分で職業や大学について調べています。たくさん悩んで後悔しないように、自分に合ったものを選べるようにしたいです。

アイコン:高校1年 Nさん 高校1年 Nさん

2学期に入り、学校生活にも慣れてきて、少しずつ気持ちの余裕も出てきました。運動会や部活の大会に向けて、時には朝早くから夜遅くまで周りのみんなと気持ちを一つにして取組み、乗り越えることができました。

アイコン:高校1年 Hさん 高校1年 Hさん

先日、学年別の遠足が無事行われ、久能山東照宮と日本平動物園に行きました。クラスの友人との思い出をまたひとつ作れたので良かったです。
僕は陸上部に入ってから、大会があるたびに部活の先輩や同級生から素晴らしい試合を見させてもらっています。県高校駅伝で優勝し、全国大会出場を決めた女子駅伝の人たちからもたくさんの感動や元気をもらいながら部活に励んでいます。もうすぐ冬季練習に入り、部活の内容が体力や身体づくり中心に変わってきます。今年の冬に身体をつくり、来年春から周りに負けないくらい良い記録が残せるよう練習していきたいです。

アイコン:高校1年 Sさん 高校1年 Sさん

10月はマーチング大会に向けて練習に励んでいました。全国大会出場は果たせませんでしたが、とても充実した日々となりました。
また、高校生活のリズムも安定してきて、最近はより濃い日々を送ることができています。学校の授業も早く、難しくなってきていますが、自分の未来を考え、勉強から逃げずに向き合っています。

アイコン:高校1年 Wさん 高校1年 Wさん

現在2学期の期末試験が間近に迫っているので、自分の進路に向け勉学に励んでいます。クラスの友達との関係は良好で、両親に背中を押していただき毎日学校に通えています。あまり運動ができない状態が続いたため、部活で体力をつけたいと思い、入部したばかりで不慣れではありますが、硬式テニスを仲間と切磋琢磨しながら楽しめています。今後も自分の目標のため、色々な人と交わした約束のため、精進してまいります。

アイコン:高校1年 Kさん 高校1年 Kさん

学校の朝読書の時間では、自分の勉強法を見直そうと思い、「東大王」に出演していた鈴木光さんの著書「夢を叶えるための勉強法」という本を読んでいます。勉強の本ですが読みやすく、論点がまとまっていてすらすら内容が入ってきます。各章ごとにあるコラムでは、著者自身の経験などがあり、より身近に感じることができます。
部活動では関東遠征に行き、今の自分たちよりも格上のチームと試合をしました。試合中や試合を待っている間も礼儀正しいチームで、自分達も取り入れるべきところだと感じました。

アイコン:高校1年 Bさん 高校1年 Bさん

部活では、9月に全日本弓道連盟の級・段の認定試験があり、級無指定で受けたところ、無事一級を取得することができました。毎日共に練習し、高め合っている仲間の多くも一級を取ることができ、とても嬉しかったです。秋には新人戦があり、地区予選では八射中五射以上的中すると東海大会、全国大会に進めるのですが、僕は三射しか当てられず、残念ながら上の大会には進めませんでした。しかし、大会の緊張感を知ることができたり、他の学校の射を見ることができたりと、とても良い経験になったと思います。僕は予選を通過できませんでしたが、1年生からは4人進めたので、とても誇らしく感じます。
部活で一つ残念だったのは、夏に予定されていた伊勢での弓道合宿が新型コロナウィルスの影響で延期になってしまったことです。今のところ年明けに予定されていますが、今後の拡大状況によっては中止になるかもしれません。もし行くことができたら、自分の射を磨くことはもちろん、友達との宿泊も存分に楽しみたいです。
勉強面に関しては、どのテストも難しく考えさせる問題が多いため、毎回テストで学びがあり楽しいです。中学のころとは違い、同じレベルの人が多いため、テストで競うことができ、やりがいがあります。定期テストや学力テストだけでなく、毎週の漢字テストやシステム英単語テストにも全力で挑んでいます。特に漢字テストでは、一度も満点を逃したことはありません。
学校行事では、10月に体育大会がありました。僕の学校の体育大会は、陸上競技記録会と似ており、一人一種目を選んで出場し、全学年を合わせた順位が出ます。僕は三段跳びに出場し、全体4位になることができました。表彰台には及びませんでしたが、挑戦した結果なので全く悔いが残らず、むしろとても満足した結果となりました。

アイコン:高校1年 Aさん 高校1年 Aさん