公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙
  3. 大学生から

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

大学生からの手紙

先日は「奨学生認証授与式な並びに懇親会」でのお写真をご送付いただき、ありがとうございました。短い時間ではありましたが、多くの方とお話しすることができ、懇親会では有意義な時間を過ごすことができました。普段の大学生活では得られないような経験は自分にとって、とても貴重だと感じました。来年もよろしくお願いいたします。

アイコン:大学生Oさん 大学生Oさん

私はこの4月から晴れて〇〇大学の学生として毎日学校に通っています。法学部の授業は難しく、まだ慣れません。授業が105分で、集中力を保ち続けるのが大変です。ですが、精一杯授業についていきたいと思います。また学部の垣根が低く、他学部の授業がとれます。今学期は経済学部の授業を取りましたが、次がは社会学部の授業をとりたいと考えています。これからいろんな授業が受けられるのが楽しみです。

クラスは女子8人で全員仲がよいです。4月は新歓合宿やスポーツ大会など多くの行事があり、クラスの那賀仲が深まりました。話してみると普通ですが、友人たちの話を詳しく聞くとやはりレベルが高くて感心することが多いです。意識が高い人に囲まれ、周りについていくだけでもいっぱいいっぱいですが、この4年間で成長できたらなと思います。

アイコン:大学1年Sさん 大学1年Sさん

4月に入り、私も大学2年となりました。2年生から2つのコースにわかれることになっており、私は希望どおりのコースに所属することになりました。1年生までは学科全員で受講する授業が多かったのですが、2年生からはコースごとに受講する授業が増えました。授業内容も専門的になり、初めての実験も始まりました。授業や実験も専門的になるほど難しくなると思います。わからないところは友人と教えあうなどして、研究室に入っても困らないように知識や技能の積み重ねを大事にしたいです。

専門科目が増えてきた一方、理系基礎科目や教養科目は少なくなりました。自分はもう少し一般教養や幅広い考え方を身に着けるべきだと感じました。そこで私は以前よりも読書の時間を増やそうと考えました。読書の時間を増やせば考え方が広がり、教養も身につくと思ったからです。授業、実験、サークル活動、アルバイト、友人との付き合いなどで時間は限られますが、学生のうちにやるべきことは何かを考えて時間をうまく使うようにしたいです。

アイコン:大学2年Oさん 大学2年Oさん

私も遂に最後の大学生活1年間を迎えることになりました。現在所属しております研究室に新しい研究性が加わり、ともて嬉しいことかぎりないのですが、同時に先輩として様々な行事や仕事について教えていく立場になり、緊張もしております。こうした活動を通して3年間お世話になった大学に恩返しをさせていただければと考えております。

就職活動の方ですが、教員採用試験に向けて日々勉強に努めております。しかし倍率が今年も高くなることが予想されるため、最近は私学の教員採用も視野に入れた試験勉強や対策も行っております。大学卒業までに内定決定のお知らせができるよう、新学期開始とともに改めて気を引き締めてまいります。

アイコン:大学4年Aさん 大学4年Aさん

今月から研究室に配属され卒業研究を始めました。大学でこれまで学んだことを生かし、研究に精進したいと思います。

私は大学院修士課程への進学を目指しております。研究と並行して、大学院入試に向けた勉強にも取り組みます。

アイコン:大学4年Tさん 大学4年Tさん

後期に入り、勉学はもちろんですが、もう一つ特に気を付けたいと考えていることがあります。それは自分の体調管理です。一人暮らしを始めてから1ヶ月に1回の頻度で体調を崩してしまっています。食生活や睡眠を見直して日々健康に過ごせるように努めなければ、今後5年間も一人暮らしはできないと感じています。勉学と両立しながら頑張りたいと思います。

アイコン:大学1年 Sさん 大学1年 Sさん

昨年は国内外での様々なイベントに参加し忙しく夏休みを過ごしましたが、今年は勉強をしたり本を読んだりといったことに多くの時間を使いました。勉強以外にはアルバイトをして働くことの意義や労働環境について考え直す期間でもありました。時間に追われず久しぶりにゆっくりと考えを深めることができ、後期の大学生活を余裕を持って始めることができました。

アイコン:大学2年 Iさん 大学2年 Iさん

大学3年生も終盤に差し掛かり、周囲は徐々に就活の色が濃くなりつつあります。しかしながら私はかねてから志してきた会計士になるべく、会計大学院への進学を希望し、現在は専ら会計学の勉学に励む日々が続いています。同級生の多くとは異なる進路の選択をし、迷うこともあるかと思いますが、「会計士になる」という確固たる決意を胸に、努力を惜しまず過ごしていきたいと思います。

アイコン:大学3年 Wさん 大学3年 Wさん

助産学専攻科に合格し、来年度は1年間、助産師になるための勉強をすることになりました。高校生のときから目指していた助産師に一歩近づくことができ、とても嬉しく思うと同時に、これまで支えてくださった周囲の方々や家族にとても感謝しています。助産師への道のりはこれからが本番なので、再度気持ちを引き締めて努力を続けていきます。現在は卒業論文と国家試験に向けた勉強に日々取り組んでいいます。やらなければならないことが多いと感じてしまう時期ですが、4年間で得た学びや自分の考えを統合できる時期でもあり、楽しさも感じながら過ごしています。

アイコン:大学4年 Kさん 大学4年 Kさん

4学年目のこの時期は、2月に行われる研究室の中間発表に向けて結果をまとめたり、来年の病院・薬局実習に行くのにパスしなければいけない試験があり、それに向けての勉強や技能演習をしなくてはいけないので、今までとはまた違った忙しさがあります。やらなければいけないことに追われているような日々ですが、自分なりのペースで進めていければよいと思っています。

アイコン:大学4年 Eさん 大学4年 Eさん
  • 1