公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

後期に入り、勉学はもちろんですが、もう一つ特に気を付けたいと考えていることがあります。それは自分の体調管理です。一人暮らしを始めてから1ヶ月に1回の頻度で体調を崩してしまっています。食生活や睡眠を見直して日々健康に過ごせるように努めなければ、今後5年間も一人暮らしはできないと感じています。勉学と両立しながら頑張りたいと思います。

アイコン:大学1年 Sさん 大学1年 Sさん

最近はセンター試験や入試が迫ってきているためか時間が経つことが速いように感じられます。模擬試験を受けても思うような結果が出ないで勉強したことが実力になっているのか分からなくなるようなときがあります。ただ、よい結果が出ないということは間違えたところがあるわけで、そのところをもっと重点的に勉強していけばよいし、そこが自分の伸び代なのではないかと思っています。これからはもっとポジティブな考え方を自分の中で持ち続けるように努力し、残された時間を悔いなく過ごしたいです。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

今年のセンター試験まで90日をきって、来年の本番の危機感を感じるようになりました。半年、本当に速かったと感じています。来年はもっと速く時間が過ぎて本番を迎えることになるのかなと思うと心配で不安です。1年我慢して悔いの残らないよう勉強して合格を勝ち取れたら念願の大学生活が待っているので、油断せずにやっていきたいです。でもこれからのことを考えると大学受験は1つの通過点にしかすぎないので、ここで頑張れなかったらこれからも頑張れないかもしれないとも感じています。残り1年程で進路のこともより一層考えるようになって、いろんな学部を考えてみたり、就きたい職業への道を調べてみたりなどして、大学、学部も改めて決めています。どの学部に学びたいことがあるのか、興味を持てるかなどには慎重に考えていきたいです。もう受験生という焦りの気持ちもありながら怠けてしまう自分もいるので、自分に負けずに切り替えていきたいです。

アイコン:高校2年 Yさん 高校2年 Yさん

夏には奨学生の懇親会にお呼びいただき、ありがとうございます。おかげで新しい友人ができ、非常に嬉しかったです。他の高校の話を聞く機会もあまりなかったため、新鮮でした。早くも来年の7月に再び会えることを心待ちにしています。
夏休みは大学のオープンキャンパスに行きました。大学は高校よりも規模が大きく、自分がやりたい勉強ができる場所であると改めてわかりました。中でも東京大学はやはり日本の最高峰の大学ということもあり設備が整っていました。特に大学内にスターバックスやローソンがあることには驚きました。また、オープンキャンパスに参加している人もたくさんいて、注目度の高さを感じました。大学へ早く進みたいと思います。

アイコン:高校1年 Sさん 高校1年 Sさん

先日は、懇親会にご招待いただき、ありがとうございました。財団の皆さんとお会いできたことも嬉しかったです。同席した高校2年生の後輩奨学生とたくさんお話をすることができました。
高校生の皆さんのお話を聞いていると、自分の高校生活を思い出し懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
また、高校生から私に大学について聞いてきたり、全員の前でお話をしたりと、自分自身のことを伝えることで高校生の皆さんにとって少しでも参考になったらいいなと思いました。
また、人前で話すことは今後の就職活動などに活かす良いチャンスだったと、ありがたく感じています。スズキ教育文化財団の皆様をはじめ奨学生の皆さんとまたお会いできる機会があることを望んでいます。

アイコン:卒業生 Uさん 卒業生 Uさん

昨年は国内外での様々なイベントに参加し忙しく夏休みを過ごしましたが、今年は勉強をしたり本を読んだりといったことに多くの時間を使いました。勉強以外にはアルバイトをして働くことの意義や労働環境について考え直す期間でもありました。時間に追われず久しぶりにゆっくりと考えを深めることができ、後期の大学生活を余裕を持って始めることができました。

アイコン:大学2年 Iさん 大学2年 Iさん

10月に入ってからは毎週末にセンター模試や記述式模試(『秋の模試祭り』と呼ばれています。)があり、やっとそれらが終わり一段落ついたところです。今は第一志望を確定する時期で、私も含めてクラスの皆がかなり緊張感が高まり疲れているようです。私は○○大学の医学部を第一志望にしました。現状の私の学力は最低ラインにはまだ遠いです。センター試験まであと2か月で、これから自分の弱点を洗い出し、一つ一つ丁寧に潰していこうと思います。4歳の頃からの夢である医師になる為に絶対に第一志望に合格します。そして3月に嬉しい報告ができるようにします。

アイコン:高校3年 Kさん 高校3年 Kさん

ついに修学旅行があと3日後に迫ってきました。もう修学旅行に行くのだなぁと思うと、入学してからこんなに月日が流れたんだという実感がわいてきます。九州への旅行となるのですが、その日程の中には平和に関する研修が数多く組み込まれています。普段はめったにない平和について考えるよい機会なので、たくさんの平和に関するものに触れてきたいと思います。修学旅行が終われば受験に向けて本格的に取り組むべき時期が訪れます。最近の定期テストや模擬試験では自分の中で不完全燃焼に終わりがちな部分です。自分が再来年の春に笑っていられるかどうかは、この受験勉強のスタートダッシュにかかっていると思うので、一日一日の時間を大切にしていきたいと思います。

アイコン:高校2年 Tさん 高校2年 Tさん

実力テストがあり、2週間以上前からテスト勉強に臨んだところ、順位がだいぶ上がりました。本当に様々なアドバイスありがとうございます。これからも両立ができるよう精一杯頑張っていくので、応援よろしくお願い致します。

アイコン:高校1年 Nさん 高校1年 Nさん

大学3年生も終盤に差し掛かり、周囲は徐々に就活の色が濃くなりつつあります。しかしながら私はかねてから志してきた会計士になるべく、会計大学院への進学を希望し、現在は専ら会計学の勉学に励む日々が続いています。同級生の多くとは異なる進路の選択をし、迷うこともあるかと思いますが、「会計士になる」という確固たる決意を胸に、努力を惜しまず過ごしていきたいと思います。

アイコン:大学3年 Wさん 大学3年 Wさん