公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

最近は学校がお休みになったり、とても楽しみにしていたカナダへの留学が中止となってしまい、非常に残念です。しかし、その時まで、さらに自分の英語力を向上させていきたいと思います。苦しい時ではありますが、こんな時だからこそ、今まで挑戦することができなかったことに、進んでチャレンジしていきたいと思いましたので、先月から「世界遺産検定2級」取得への勉強を始めてみました。小さい頃から本やインターネット上で、まだ行ったことのない場所を調べたり、その場所にひとり思いを馳せたりすることが大好きなので、とても楽しく時を過ごすことができています。また2年後に迫った大学入試や志望校について考える時間も増えました。今まではぼんやりとしたイメージでただただ勉強していましたが、はっきりとした目標ができた今では、より一層、勉強へのモチベーションが高くなりました。このまま、将来の夢に向かって努力していきたいと思います。

アイコン:高校2年 Mさん 高校2年 Mさん

今年から高校2年生になり、新しいクラスメイトと出会い、環境が大きく変化したことで、新たに不安が芽生えたりすることもありますが、新たなクラスメイトと切磋琢磨し、高い目標を持ち、仲間と日々前に進んでいけるよう頑張ります。

休校が決まり、日に日に周辺でも感染が増える中で、心配なこともありますが、そんな今だからこそ、長い家での時間を勉強など自身の向上に有効活用すべきだと思います。やれる事はかなり限られている中で、自分がどれだけ最大限努力できるかが、今後の生活にも生かされ、とても大切な事になると思います。少しずつでも今できることを絶えず努力できるよう頑張ります。

アイコン:高校2年 Hさん 高校2年 Hさん

コロナウイルスの影響を受け、休校のため、寮ではなく自宅にいます。この休校を生かして勉学に励もうと思っております。また体力づくりのためにランニングをしています。

学業では進級をし、2年生となりました。数学などのレベルがアップするので、確実に習得するように日々努力します。寮生活では、階長という役職に就きます。主に同じ階の学生たちをまとめます。特にお手本となる生活をしようと思っております。

アイコン:高専2年 Gさん 高専2年 Gさん

現在、コロナウイルスにより学校に行けていない状態ですが、課題を頑張っています。私は〇〇科なので特に科の課題が大変ですが、丁寧に仕上げられる様努力しています。

アイコン:高校2年 Fさん 高校2年 Fさん

学校が休校になり、家での時間が多くなりました。高校では登校日があり、その登校日に提出する課題があります。家で過ごしている時間のほとんどはその課題や自主勉をしています。また、僕はサッカー部に入部を希望していているので、今は自主練をしています。公園や学校のグラウンドは使うことができないので、家の近くでボールを蹴ったり、家の中で筋トレをしたりしています。何か一つでもかけないようにこれからも努力を頑張り続けます。

アイコン:高校1年 Yさん 高校1年 Yさん

今週からオンラインでのホームルームがはじまりました。来週からは遠隔授業が本格的にスタートします。そのおかげで生活リズムを取り戻してきました。学校による遠隔授業は体験したことがないので、とても楽しみにしています。最初に先生がライブ配信して、その後講義の動画を見る形になるそうです。

少しずつ勉強を進めこのような環境でも頑張りますので、今後のご支援をよろしくお願いします

アイコン:高校1年 Sさん 高校1年 Sさん

新型コロナウイルスが流行しており、県立高等学校は長く休校しています。私は家での活動が主になっているわけですが、勉強面では学校からの課題に取り組んだり、課題の中で難しいと思ったところの復習をしたりしています。高校での授業の速さについていき、さらには上位の成績を狙えるように、予習や復習を欠かさず行っていきたいです。健康面では、運動不足にならぬよう、毎日友人とキャッチボールなどをして体を動かしています、生活のリズムをきちんと保てるようにします。

アイコン:高校1年 Kさん 高校1年 Kさん

高校は第一志望に合格することができましたが、新型コロナウイルスによる休校によって、入学式を含めて、3回しか学校に行けていません。また、授業も始まっていないので、課題を中心に家庭学習を進めています。高校生活を楽しみにしていた分、学校が始まらないことが、とても残念です。しかし、学校が再開しても、授業のスピードについていけるように、頑張っています。苦手な数字は課題がとても難しいので、少し易しい問題集で基礎をしっかりと身につけてから説くようにしています。そうすることで、難しい問題も少しずつ解けるようになりました。休校がいつまで続くかはわかりませんが、今は自分が家の中でできることを続けていきたいと思っています。

アイコン:高校1年 Kさん 高校1年 Kさん

例年に比べ、イレギュラーなスタートではありますが、学校開始と同時に好発進をすることができるよう、自宅での予習に励んでいます。高等学校の勉強は、量も多く内容も難しいもので、中学校との違いに日々驚かされています。それと同時に、わからなくても質問できない、勉強に励む仲間がそばにいないといった環境の中で、学校での授業がいかに大切かを感じています。今後、学校での授業をより大切にしようと思うことができました。

今は、こんな状況だからこそ、みんなの一回りも二回りも努力し、平等に与えられた自宅での時間を有効に使っていこうと思います。学校が開始してからも、勉学を第一に考えて学校生活を送っていきます。

アイコン:高校1年 I さん 高校1年 I さん

休校期間も延長になり、初めてこんなに長い休みを経験しています。今まで、学校の事で忙しく我慢していた、本を読んだり、絵を描いたりと思う存分やっています。その他にも新しいことを始めたり、将来に向けて考えることができ、毎日が新鮮です。

アイコン:高校1年 Sさん 高校1年 Sさん