公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

僕は〇〇大学〇〇学部を第一志望としております。まだ第一志望までには距離があるのが現状なのでもう一度気合を入れ直して頑張ります。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

学校も本格的に始まり、今日までに学校祭や模試、定期テスト等様々な行事に取り組んでいます。漢字検定と英語検定で〇級を取ることもできました。もう学校にも半年近く通って慣れ、勉強もどんどん進んでいます。

アイコン:高校1年 Mさん 高校1年 Mさん

私は最近、〇〇国の生徒とテレビ会議システムでつながり、友達になろうという学校のプログラムに参加しています。私は当初、英語のリスニングとスピーキングの勉強になるだろうと思って始めました。しかし今では、そのようなことよりも、他愛のないことを話したり、ゲームをしたりすることが楽しくて仕方ありません。今後はただ楽しいだけでなく、当初の目的のように英語がペラペラ話せるように頑張っていきます。

アイコン:高校2年 Sさん 高校2年 Sさん

大学生活もこの10月から普段通りの再開をしました。今は2月の卒論研究に向けて実験を進めつつ、バイオインフォマティクスの勉強をして資格を取ろうと思っています。将来の夢についても具体的に考え始め、今扱っている生物ビッグデータにとどまらず、様々なビッグデータを扱える職種に就きたいと考えています。

アイコン:大学4年 Oさん 大学4年 Oさん

勉強に部活に毎日頑張っています。以前、遠足で〇〇へ行きました。あいにく自由時間のすべてが雨でしたが、楽しく遊べました。コロナ渦で不自由な一面もありますが、一日一日を精一杯過ごしています。

アイコン:高校1年 Oさん 高校1年 Oさん

先日体育大会がありました。結果として、私たちの団は負けてしまいましたが、先生から褒められたり、後輩の声援を受けたり、友人とバカをやったりという楽しい思い出を作れたのではないかという喜びで胸が一杯です。

アイコン:高校3年 Fさん 高校3年 Fさん

もうすぐ修学旅行を控えております。今年はコロナの影響で海外から国内へ変更になってしまい、とても残念でしたが、良い思い出になるよう楽しんでいきたいと思います。

アイコン:高校2年 Kさん 高校2年 Kさん

2学期に入り、学校でいくつか模擬試験を受けたところ、第一志望の〇〇大学でA判定をとることができるようになってきました。これから、このまま気を浮くことなく勉強を続けていきたいと思います。

アイコン:高校3年 Mさん 高校3年 Mさん

後期の講義が始まり、前期と比べて大学で受講する機会が少しずつ増えてきました。先生や友人と直接会って話をしたり、質問したりすることができるのは、対面授業の利点であり、そこから得られるものは多いです。大学の教職員の方々の感染症対策により、可能な範囲で大学内で受講、実習ができているので、そのようなことに感謝の気持ちを忘れずに取り組みたいです。また、後期から研究室に仮所属して、研究の基礎を学ぶ授業を選択しました。この授業では担任の先生から、研究に必要な知識を学ぶことや、先輩の研究を手伝うことなどをします。4年生では、卒業研究を行い、その成果を卒業論文にまとめます。限られた時間の中で研究を行い、その成果をまとめることは大変だと思います。早くから研究の初歩や研究室の雰囲気を知り、来年の研究活動に役立てることができるように、積極的に取り組みたいです。

アイコン:大学3年 Oさん 大学3年 Oさん

私は〇〇へ進学し、マスコミやメディアについて学んでみたいと思っています。自分の目指す進路を実現できるよう、毎日の勉強をしっかり取り組んでいくようにしたいです。また、高校卒業の時も近づいてきたので、友人たちとの時間を大切に毎日を過ごしていきたいです。

アイコン:高校3年 Iさん 高校3年 Iさん