公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

現在学校が長期間の休校となり、自分の大きな目標でもあったインターハイもなくなってしまい、今は不安な期間でもあり、つらい期間でもあります。ですが、受験は待ってはくれないので、友達や学校の先生、塾の先生と相談し、支えあいながら勉強に力を入れているところです。このような状況で、目標を見失わないように、大きな一年間の計画と、毎月の計画を立てコツコツと自分のやるべきことを行うようにしています。今のこの期間は勉強において、夏休みと同じくらい大切になっていると思います。気を抜かず、地に足をつけながら勉学に励んでいきたいです。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

私は先日誕生日を迎え、18歳となりました。つまりは選挙の投票権を得たということです。高校卒業より一足早く有権者の一員となったことで、社会にもより関心を向けていきたいと思いました。

アイコン:高校3年 Kさん 高校3年 Kさん

本来ならば5月から6月にかけて、学校行事の準備があり、私は学校祭の昼夜祭責任者を務める予定でした。自分の中では、高校生活最大の挑戦でありますので、昼夜祭を予定通り行えず残念ではありますが、この悔しさを胸に受験勉強に努めようと思います。

アイコン:高校3年 Oさん 高校3年 Oさん

今年は受験の年ですが、学校の授業が受けられず、私の学校は公立高校のため、インターネットで授業をうけられるような環境もありません。9月入学などということもニュースで耳にします。受験生にとっては不安でしかありません。こんな時期だからこそ自分を律し、勉学に励みたいと思います。

アイコン:高校3年 Mさん 高校3年 Mさん

高校生活も、最高学年を迎えました。受験生として、今まで以上に気を引き締めて勉強に取り組んでいくつもりです。最近では、自身の今後の進路についても、少しずつ形が見えてきました。ところがそんな中、新型コロナウイルスの影響が予想以上に大きく、学校の休校期間も、先日延期が決定してしまいました。休校の間、外には出られず不安が募りますが、私は、起きる物事には全て意味があると考えているので、今回の件に関しても、今一度、自分を見つめ直す機会が与えられたのだと思っています。私はこれを好機と捉え、日々自分と向き合い、受験勉強に力を入れていきます。

アイコン:高校3年 Nさん 高校3年 Nさん

いつもとは違う新学期になりましたが、環境に左右されずに、自分の目標を曲げることなく努力し続けたいと思っています。また、部活動では大切な大会が延期や中止となり残念な気持ちもありますが、仲間や顧問の先生などとの出会いに改めて感謝し、引退まで勉強と両立させながら強靭な精神に近づく努力と体力づくりにも励み成長していきたいです。

アイコン:高校3年 Oさん 高校3年 Oさん

今年はいよいよ大学受験が控えているので、後悔のないように家では勉強、特に数学に力を入れて頑張っています。部活はインターハイをやらずに引退になり、少しモヤモヤしますが、気持ちをきりかえていきたいです。

アイコン:高校3年 Nさん 高校3年 Nさん

最後の学校行事である体育祭・文化祭もなくなってしまいました。生徒会としての仕事もあったし、高校生活で2回しか経験できなかったことが残念です。プライベートで行こうとしていたLIVEもなくなってしまいました。この状況が続くと思うと精神的に辛いですが、頑張りたいと思います。

アイコン:高校3年 Nさん 高校3年 Nさん

勉学に励んでいる間に、私は自作マスクを10枚ほど作りました。最初は作成に時間を費やし、勉学に支障をきたすのではないかと心配になりましたが、だんだんとスムーズにできるようになり、今では30分あれば、1,2枚は余裕で作れるようになりました。売り物になるのではないかと思うほどの出来になって、思う存分使っています。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

今、コロナウイルスの影響で学校も部活もなくなってしまい、とても悲しいです。ですが学校の課題や家での部活の自主練、家族とのかかわりなど、少しでも充実した日々を過ごせるように心がけて生活しています。これからもメリハリのある生活を送っていきたいと思います。

アイコン:高校2年Hさん 高校2年Hさん