公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

学年が上がり、新しい友達も増え、充実した日々を送っています。
行事面では、昨年新型コロナウィルスの影響で開催されなかった、ホームルームデイがありました。同じクラスのみんなでマリンパークに行き、クラスメイトとコミュニケーションをとることができました。今まで話す機会のなかったクラスメイトとも話すことができ、良かったです。
部活動では、4月に新入生に向けた校内ライブがありました。本番は緊張しましたが、久しぶりのお客さんの前での演奏だったため、楽しむことができました。改善点も見つかったので、そこを直して次のライブにつなげたいです。
勉強面では、春休み明けの数学の課題テストで、念願の100点をとることができました。これからは数学だけでなく、他の教科でも100点がとれるように勉強を頑張りたいです。

アイコン:高校2年 Kさん 高校2年 Kさん

最近は、体育祭や文化祭の準備をしています。
体育祭では、カラーごとにダンスをするため、朝や昼休みに練習をしています。私の高校では、ダンスが体育祭で最も盛り上がるのですが、今年はコロナ対策で保護者が来ることができず、練習の成果を見てもらえないので残念ですが、高校最後の体育祭なので、全力で楽しみたいです。
また、最終学年になったため、勉強も頑張っています。私は留学を考えているので、英語は特に頑張っています。自分の夢をかなえるためにどうすれば良いか、考えれば考えるほどわからなくなってしまいますが、学校の先生や家族に相談したりして、最善の方法を見つけ、友達とも助け合って受験を乗り越えたいと思います。
今年は何をするにも「高校生活最後」になってしまうので、将来高校生活を振り返ったときに、「楽しかった」と思えるように、悔いなく、行事も受験も楽しんで頑張りたいと思います。

アイコン:高校3年 Yさん 高校3年 Yさん

三年生となり、受験まであと半年程となりました。本格的に受験勉強を始めていかなくてはならないのですが、文化祭が近いこともあり、毎日部活に追われ、なかなか勉強時間が確保できず、焦りを感じています。
私の学校では、昨年新型コロナウィルスの影響で、文化祭が行われなかったため、今年が最後の文化祭となります。美術部の作品制作として、部員1人につき三作品を描き、また、ポストカードや缶バッジ、展示の飾りつけなど、準備が盛りだくさんです。部長として、最後まで部員たちへ気を配りつつ、全体をまとめ上げ、良い形で文化祭を終え、引退できるよう、一日一日を大切に過ごしたいと考えています。
五月後半には、英検2級の一次試験があります。検定受験料が値上がりし、受験するかどうか迷っていたのですが、奨学金のおかげで母に負担をかけずに安心して検定を受けることができます。志望する大学の入試に少しでも役立てるため、しっかりと対策をしてのぞみたいと思います。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

高校2年生として新しい環境での生活が始まり、最初は移動教室の多さについていくのが大変でしたが、今ではすっかり慣れてしまいました。今年は担任の先生の、「若いころの苦労は買ってでもしろ」という言葉を信じ、文化祭の副責任者をすることにしました。中学校からは、人前に立つリーダーの役割をすることが減り、久しぶりの仕事でとても緊張しましたが、休みの日や放課後に集まって話し合ったり、LINEを使ってクラスみんなの意見をきいたりして、最終企画書を完成させることができました。その途中で、責任者の中で意見が合わなかったり、あまりやる気のない生徒に意見を聞いてまわったり、大変なことがたくさんありましたが、人をまとめる大変さを知れたことは、やってよかった点だと思います。
今日から10日間は、中間テストに向けて勉強を頑張り、テストが終わったら部活の大会に向け体力や知識をつけたりと忙しいですが、充実した日々を過ごしたいです。
また、趣味で続けている韓国語の勉強も頑張って、コロナウィルスが落ち着いたら、韓国に行きたいです。

アイコン:高校2年 Kさん 高校2年 Kさん

昨年度は慣れないオンライン授業に翻弄され、テストも教科書・ノート参照可で、本当に自分の力になっているか不安でしたが、今年度無事に3年生に進級できました。1年ぶりに全員そろっての対面授業となり、昨年度は日程が分かれていた友人とも久しぶりに顔を合わせることができ、嬉しかったです。
しかし、学習面では厳しい部分もありました。昨年度に引き続き、今年度も微分積分学があるのですが、昨年度オンライン授業でよく理解せず先送りにしてしまったところが、今年度の専門科目で何度も登場し、理解するのに苦労しました。単元ごとに自然な流れで学習しているときに理解できていれば苦労することもなかったであろうところを、後になって全く違う単元を扱っているときに並行して理解することの難しさを実感しました。そのため、僕の今年度の目標は、「3年までに学んだ内容は3年のうちに完璧にすること」です。特に数学、英語に関しては、学んだ内容が後から再度出てくることが多い科目なので、特に力を入れ、去年までの「授業動画を見て何となく理解したつもりになる」勉強法にならないよう、気を付けたいです。

アイコン:高専3年 Sさん 高専3年 Sさん

ついにコロナ禍での生活も1年を超えてしまい、振返ってみるとこの1年は、学習面でも精神面でもなかなか思うようにいかなかったと感じます。1年間ずっとオンライン授業が続き、講義室に赴いて講義を受けることで学習のリズムが形成されていた私にとっては、勉強に集中することが難しい1年でした。日常生活でも在宅での活動が基本となっていて、アルバイトの塾講師以外ではほぼ外出もせず、単調な日々を送ることが非常に億劫になってきました。
そんな中でこの春休みから研究室が始まり、日常生活が動き始めました。今のところは、1年間で鈍った体を慣らすことに非常に苦労しています。私が配属された研究室は、主に心臓関連の細胞の研究を行っており、新しく入ってくる膨大な量の知識を吸収することが大変です。ただ、この1年で感じることのなかった新鮮味に触れられることが、非常に良い経験になっており、近々個人の研究テーマをいただけるということで、より一層精進しなければいけないなと、気が引き締まる思いです。

アイコン:大学4年 Tさん 大学4年 Tさん

私はTOEICテストを控えており、目標点を決めて学習に取り組んでいます。春休みから計画を立て進めてきたものの、学校での授業が始まってからは、春休みよりも学習時間が減ってしまい不安な気持ちになっています。今年の夏休みには、日商簿記検定の取得を目指し注力したいため、今回のTOEICテストで目標点に達し、資格勉強の一端の区切りにしたいと考えております。

アイコン:大学2年 Iさん 大学2年 Iさん

春休みが終わり通常通り授業が始まったため、しっかり内容が身につくよう復習等をしながら、部活と両立ができるようにしています。部活では、練習の強度が上がってきているため、ケガに気を付けて練習に取り組んでいます。

アイコン:高校2年 Tさん 高校2年 Tさん

高校生活も残すところ1年となりました。4月に行われた定期演奏会で部活動も終わり、私は初めて塾に通い始めました。クラスメイトも徐々に部活動を引退し、クラス全体の雰囲気が、「受験生らしく」なってきたことを感じ、焦ると同時に気が引き締まる毎日です。
一方で、最後の文化祭が近づいています。メリハリをつけ、学校行事にも全力で取り組み、充実した1年間にしたいと思います。
昨年までは国立大学を志望していましたが、大学で自分が学びたいこと、今の自分の強み弱みを鑑み、悩んだ末志望校を私立大学に切り替えました。まだまだ雲の上の憧れの学校でしかありませんが、自分の納得する道に進めるよう、1日1日を有意義に過ごしていきたいと思っています。
進路について考えていると、自分はとてもちっぽけなものに感じられます。受験生としての1年は、辛く苦しいこともあるかもしれませんが、支援してくださる方々への感謝を忘れず、前向きに頑張っていきます。

アイコン:高校3年 Iさん 高校3年 Iさん

緊急事態宣言が出ている中、制限はありますが部活動を行うことができています。活動中止の他大学も多い中、私の大学は感染対策をしながら練習を行えているので、活動できることに感謝し、最後まで頑張りたいと思います。
また、学校ではゼミを対面で行うことができ、学食も再開しており、充実した日々を送っています。ゼミではグループ研究を進めるために毎日論文を読んでおり、とても忙しくなってきています。これから本格的に就活が始まるので、時間管理には一層気を付けたいと思います。

アイコン:大学3年 Hさん 大学3年 Hさん