公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

最近大学では、低学年中心に一部対面授業が再開し、大学に活気が戻ってきました。4年生も1講座のみですが対面授業があり、研究室以外の同期と話せる貴重な機会になっています。4年生になれば、もう少し授業が減るかなと思っていましたが、まだまだ授業が残っており、今後はそれに加え、来年の実習に向けての事前実習等が待ち受けています。研究との両立が難しく、なかなか思うように実験ができない日々が続いていますが、どこかで良い塩梅を見つけて両立していけるように頑張ります。

アイコン:大学4年 Kさん 大学4年 Kさん

前年度は秋に対面での実験が行われていましたが、新型コロナウィルス感染者数の増加によって、冬はオンラインでの講義になりました。実際に器具を触らないとわからない難しさや考察があるため、とても残念でした。今年の冬は比較的暖かく地面が滑りやすかったため、登校回数が減ったのは少しうれしく思いました。
春休みは学科の同期とワカサギ釣りに行きました。人生初のワカサギ釣りでしたが、1人30匹ほど釣れる大漁で、その場で揚げてもらったワカサギがとてもおいしかったです。また、ワカサギ釣りは1人1穴で行うため、ソーシャルディスタンスも保つことができ、このご時世でも楽しめました。自分で好きなところに穴を開けさせてもらえたことも、貴重な体験となりました。
春になり、3年生になったため、講義の内容もより専門的になりました。深い理解が必要な科目が多く、ついていくのが大変ですが、質問対応の時間に議論が盛んに行われているため楽しいです。また、秋には研究室決めがあるため、自分の興味のある学問分野を絞っていけたらいいなと思います。

アイコン:大学3年 Kさん 大学3年 Kさん

新学期が始まり、約1か月が経ちました。今年度はオンラインで実施する授業が減り、ほぼ全てが対面授業になりました。しかし、最近では新型コロナウィルスの感染状況が全国で悪化し、対面で行われていた授業もオンラインに切り替える先生方もいらっしゃいます。
今年度の後期には、教育実習も行う予定です。現場の先生方の一日の様子を観察できる貴重な機会ですが、コロナの影響でその経験を得る機会が少なくなってしまう恐れがあることに不安を感じています。
また、今年度から新しくサークルに入りました。教職サークルという、人前で話す力や板書をする力など、教師に必要な技術・力を鍛えることのできるサークルです。同じく教員を目指す先輩方や仲間が多く、教職や大学の授業、教育実習に関する情報をたくさん得ることができます。このようなことを学べる授業はあまりないため、このサークルで学んだことが、将来必ず役立つと思います。
今自分にできることを精一杯やりきりたいと思います。

アイコン:大学2年 Sさん 大学2年 Sさん

春休みが終わってしばらく経ち、2年から始まった授業も本格的に動き出してきました。1年後期では途中から禁止になっていたサークル活動や、春休みから始めたアルバイトも大学生活に加わり、授業以外でも忙しく過ごしています。
サークルでは、先輩方にスケッチや課題を見てもらいながら、技術の向上を目指しています。授業の延長のようで大変なときもありますが、色々な話を聞いたり、指導をいただくことで、有意義な時間を過ごせていると感じます。
アルバイトでは、新しく大学1年生の方が入ってきました。仕事を教えたり、アドバイスしたりしながら自分の仕事もこなすのはとても大変ですが、同時にやりがいも感じます。元々少し忙しいくらいが好きなので、暇になるより良いです。もうすぐ忙しい時期になるので、それまでに私ももっと仕事をこなせるようにならなければと思います。
対面授業、サークル、バイトとやっと大学生らしい学生生活が送れるようになりました。ぼうっと過ごしていると前期もあっという間に終わってしまうので、自分のやるべきこと、やりたいことを明確にして、それらを達成できるように頑張っていきます。

アイコン:大学2年 Iさん 大学2年 Iさん

学年が上がり、最終学年である4年生になりました。研究生活も本格化し、至らない点を多々感じる日々ではありますが、充実した学びを得ることができています。将来の目標である研究者になるため、大学院入試を突破できるよう、これまでより一層、学びに力を入れていきたいと思います。

アイコン:大学4年 Uさん 大学4年 Uさん

私はグローバルに活躍できる社会人になることをずっと夢に見てきたため、数か月前に家族と離れ、大学に通うことを決めました。大学では授業が全て英語で行われ、短い間でも自分の英語能力に大きな成長を感じています。
サークルや委員会活動も始まり、私は高校時代と同じく、学生会本部に所属することにしました。毎日の課題も多いですが、すべては自分の成長につながるものであると信じて、積極的に取り組んでいます。さらに、生活費を補填するために、少しずつアルバイトも始めています。毎日新しく学ぶことがあり、熱心に1日1日を過ごしています。

アイコン:大学1年 Kさん 大学1年 Kさん

私は大学に入学し、充実した毎日を過ごしています。今まで学んだことのないことが多く、理解するのが大変です。また、7月にTOEIC試験がある為、英語の勉強にも力を入れる必要があります。まだ慣れないことが多いですが、自分を成長させるためにも頑張りたいです。
また、私は女子バレーボール部に入部しました。運動が好きなので、これからの活動が楽しみです。そして、健康面も気を付けたいと思います。友人も少しずつできてきました。自分から話しかけに行くのは苦手ですが、これからは積極的にいろいろな人とコミュニケーションをとっていきたいです。

アイコン:大学1年 Mさん 大学1年 Mさん

私は4月から親元を離れ、寮で一人暮らしをしています。引っ越しをしてからおよそ1か月が経ち、寮や大学での生活に慣れてきましたが、以前と比べて生活のペースが不安定で、少し疲れがたまっています。
新型コロナウィルスの影響により、週2回ほどしか大学に行けていませんが、オンライン授業で何とか補っています。また、大学では物理、数学、英語を主に勉強しており、思っていた以上に授業のペースが速く少し焦っていますが、楽しく勉強できています。また、近々テストがあるので、テストに向け勉強中です。生活リズム、体調には十分気を付けて勉学に励んでまいります。

アイコン:大学1年 Mさん 大学1年 Mさん

私は4月から高校に入学しました。自宅から少し距離があり、通学が少し大変ではありますが、現在は新たな仲間と共に充実した学校生活を送っています。また、私は男子バスケットボール部に入部しました。帰りが遅い上に休みもほとんどないため、毎日がとても大変です。ですが、そんな中でも時間を有効利用できるよう工夫しながら、文武両道をモットーとして、勉強だけでなく運動・部活動にも力を入れ、精一杯活動しています。
今私が楽しく充実した生活を送れているのは、貴財団からの経済援助があるからです。改めて感謝申し上げます。これからの3年間、全力で頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします。

アイコン:高校1年 Hさん 高校1年 Hさん

高校に入学して1か月が経ちましたが、遠距離の通学、ペースの速い勉強、量が多い宿題など、慣れないこともまだたくさんあります。特に英語の授業に遅れないようにするのが大変で、毎日予習と復習を頑張っています。5月には中間テストがあり、現在はテストに向けた勉強をしています。この機会に英語を中心に、自分の学力を試してみたいです。そして、できなかったところを理解できるまで復習し、次のテストで更に良い結果を出せるよう努力します。
部活動は英語部に入部しました。部活では話したり聞いたりすることが主ですが、英語力を身に着けることができればうれしいです。
高校生活は想像していたよりもはるかに忙しく、大変です。慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、1年生のうちから必死に勉強すれば何かしら良いことが起こると思います。これからも毎日少しずつ勉強していきたいです。

アイコン:高校1年 Tさん 高校1年 Tさん