公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙
  3. 高校3年生から

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

高校3年生からの手紙

高校3年生になり、部活が終わりに近づいていることを実感しています。4月末の西部総体では、ハンマー投げで6位になることができました。今まで練習してきた技術で自己ベストを出し、5月の県総体に向けて、悔いの残らないよう一層練習に取り組みたいです。
学校生活でも色々な科目で演習問題を解くようになったり、授業の進行と並行して序盤の内容のテストを行うようになり、身近に受験が迫っていることを実感しています。まずは苦手なところや基礎の復習を中心に学習して、学業が疎かにならないようにしたいです。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

もうすぐ部活を引退し、本格的に進路に向き合う時期になりました。
私は今、学校で部活動に力を入れて頑張っています。もうすぐ引退ではありますが、最後の作品になる文化祭の作品では、後輩たちの模範になれるよう、そして自分自身も納得して引退できるよう、部活の仲間や先生たちに力を借り、作品作りに励んでいます。ここで得られる経験は、私にとってとても大切なものになると思います。もちろんこれからの進路に向け、学業も怠らず頑張っていきたいと思います。
3年生になり、新しく始まった課題研究では、たくさんの友達ができました。彼らは私にとって同じように目標を持ち、互いに高め合える仲間でもあります。人との出会いに感謝を忘れず、大切にしたいと思っています。

アイコン:高校3年 Fさん 高校3年 Fさん

今年の春から塾に通い始め、現代文と英語を受講しています。学習環境もとても快適で、勉強にますます身が入っています。
先日中間テストが終わりました。世界史のテスト範囲がとても広く相当苦労しましたが、結果が楽しみです。苦手な部分も、学校と塾で着実に勉強ができました。
そして今は、学校祭の準備を頑張っています。悔いのないように、行事も全力で取り組みたいです。
学校や塾の夏講座にも申し込みました。夏には最後の運動会もあるので、きちんと計画を立て、最高に有意義な夏休みにするつもりです。

アイコン:高校3年 Yさん 高校3年 Yさん

最近はインターハイや学校祭、テスト勉強とやることが多く、疲れを感じています。
学校祭では軍の副団長になり、みんなをまとめる役割になりました。全学年の人と関わりを持ち、準備や学校を盛り上げるためのムービー撮影はとても楽しかったです。文化祭では、衣装を着てたくさんの人と話したり、写真を撮ることができました。作ったムービーが面白かったと言ってもらえて、とても嬉しかったです。まだ体育祭、後夜祭が残っているので、そこでもみんなを楽しませられるように頑張ります。
インターハイでは、県大会に出場できるかどうかの試合で惜しくも負けてしまいました。部活では悩みが多かったのですが、最後までやり切って終えることができました。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

4月の委員会決めで、友達に誘ってもらい、代議委員を務めることになりました。代議委員は人をまとめる立場で、人と関わることがあまり得意でない私には、無縁だと思っていました。ですが、同時に新しいことに挑戦し、一歩前に進んでみたいという気持ちがあったので、誘ってくれた友達に感謝しています。
私の学校ではもうすぐ体育祭があります。これまでの体育祭の個人総合得点で、1年生の頃は2位、2年生の頃は1位をとることができました。最後の体育祭なので、個人優勝、少なくとも上位3位以内に入ることを目標に、練習に取り組みたいです。

アイコン:高校3年 Yさん 高校3年 Yさん

3年間奨学金を給付いただきありがとうございました。財団のおかげで、勉強と部活に集中でき、充実した高校生活を送ることができました。現在は国立大学の合格発表待ち中ではありますが、私立の第一志望校には合格出来ました。これからも勉学に励み、より精進したいと思います。

アイコン:高校3年 Kさん 高校3年 Kさん

私はこの春、第一志望の大学に合格することができました。悩むこともしばしばありましたが、自分の目標とする大学に入学でき、大変うれしく思っています。これもひとえに貴財団のご支援あってのことだと、とても感謝しています。奨学生に選んでいただき、返済不要の奨学金をご支援いただいたことは、将来の選択肢や行動の幅を広く大きくしてくださいました。いただいた恩を忘れず、社会に貢献できる人材となれるよう、これからも努力していきます。
奨学生は卒業しますが、これからもご縁がありましたら幸いです。

アイコン:高校3年 Mさん 高校3年 Mさん

先日は授与式にお招きいただきありがとうございました。私は今年初めて授与式に参加しましたが、改めて奨学生としての自覚が芽生えました。また、返済不要の奨学金を給付している財団の、静岡県から社会で活躍する人材を育てようとする思いに感動しました。いただいているご支援を、これから社会に貢献し、還元できるように成長していきたいです。
私は10月に第一志望の大学の総合型選抜試験を受験し、無事合格することができました。夜間主ですが、第一志望の大学で学ぶことができるようになり、とても嬉しいです。今後は大学で、災害や都市について学び、自治体のまちづくりに携わることで社会に役立つ人材になりたいと思います。

アイコン:高校3年 Wさん 高校3年 Wさん

二学期は学校の勉強以外に、学校行事に向けて頑張っていました。高校生として過ごす最後の行事ということもあり、クラスの皆や他のクラスの人、後輩ともたくさん交流し、仲もより深まりました。最高の思い出ができ嬉しく思っています。今後も自身の目標に向かって勉強を怠らず、日々精進してまいります。

アイコン:高校3年 Iさん 高校3年 Iさん

先日私が志望している大学の指定校推薦をいただきました。その大学には高校1年生の頃に1度行ったことがあり、キャンパスの落ち着いた雰囲気や、教育内容に強く惹かれたことを覚えています。大学進学、東京での一人暮らしは私の夢の一つでした。自分自身の希望がこのような形で着実に叶うのは、私の力だけでなく、支えてくださる皆様のおかげです。スズキ教育文化財団様の奨学金制度を知ったのも、丁度3年前の今頃でした。その頃は高校進学について悩みが尽きず、特に私立高校に行きたいと思ってからは、金銭面での不安が尽きませんでした。そのような状況でも、私を奨学生として選んでくださった皆様のおかげで今、希望していた高校に通うことができ、大学進学、その先の未来が見えてきました。本当にありがとうございます。大学に行っても自分には何ができるのかと問い続け、社会に貢献できる人間になるため頑張ります。

アイコン:高校3年 Mさん 高校3年 Mさん