公益財団法人 スズキ教育文化財団

  1. 公益財団法人 スズキ教育文化財団
  2. 奨学生からの手紙
  3. 高校3年生から

奨学生からの手紙Letter from scholars

奨学生の皆さんから届いたお便りを紹介します。(個人的な部分は割愛させていただきました)
スズキ教育文化財団の事務局では、奨学生のみなさん、保護者、先生方からのご意見ご投稿をお待ちしております。
ご意見ご投稿はこちらのメールからお送りください。

高校3年生からの手紙

現在、大学の推薦入試に向けて日々勉学に励んでおります。将来、ソーシャルワーカーとなり障がいのある人々の支援を行い、差別や偏見のない社会づくりに貢献していく夢を叶えるため鍛錬していきたいと思います。来年3月には、胸を張って卒業をし、次の目標に向かっていきたいと思います。

アイコン:高校3年 Iさん 高校3年 Iさん

私の進路については、臨床心理士になって心を病んだ児童などを精神的に救いたいと思っているので、主に心理系のことを学べる大学に進学する予定です。具体的には〇〇大学と〇〇大学です。これらの学校で学べることはとても興味があり、勉強することを考えるとわくわくします。

アイコン:高校3年 Oさん 高校3年 Oさん

いよいよ受験本番が近づいてきたので、一層気を引き締めて、勉強に励んでいこうと思います。一方で受験前最後の学校行事として球技大会があるので、精一杯の力を出し切って、いい思い出になるように楽しみたいと思います。

アイコン:高校3年 Hさん 高校3年 Hさん

私は、夏に英語検定2級に合格して、〇〇大学の推薦入試に出願しました。校長推薦をいただき、第一志望の大学に挑戦できる機会を多く得られたことは、前向きな気持ちにつながっています。面接試験に向けて、面接練習をしてくださる先生を探し、依頼しました。自分でも驚くほど、積極的になりました。推薦入試は狭き門のため、難しいと思いますが、挑戦します。以前から、自然災害の減災に関わる仕事をしたいと考えており、工学の分野からアプローチしていくためには、設備、実習、安全管理の充実した大学で学びたいと考えています。簡単な道ではないため、今はひたすら受験勉強に励んでいます。

アイコン:高校3年 Tさん 高校3年 Tさん

私は受験に向け、いつも以上それ以上限界近くまで勉強に励んでおり、時間がいくらあっても足りないと感じています。少々運動不足で、体育の授業でサッカーをやった後は、必ず筋肉痛になっています(笑)。

アイコン:高校3年 Sさん 高校3年 Sさん

受験勉強も後半となりました。中学時代の旧友の就職が決定したと聞き、嬉しく思うとともに、身が引き締まる思いです。皆、新たな生活をスタートさせようとしています。私は現在受験勉強の真っ最中です。〇〇大学を目標に定め、日々過去問の演習、1月中旬の共通テスト対策等に励んでいます。合格のチャンスを増やすため、推薦入試も利用することにしました。そのため、英語のスピーキングの練習も行っています。勉強と並行して行うのは大変ですが、自分の将来のため、今が踏ん張り時だと心得て、これからも励んでいきたいです。

アイコン:高校3年 Mさん 高校3年 Mさん

私は今は医師になるために受験勉強を頑張っています。大変だ、疲れたと思う時もあるけれど、自分の夢に向かって努力しています。医学部受験は共通テストの点数もかなり重要になってくるので、前例のないものという不安はあるけれどできることをやって本番に備えたいと思います。もしも医師になるだけの学力に達しなかったとしても、医療系に必ず進みます。

アイコン:高校3年 Iさん 高校3年 Iさん

私は部活動の大会はもうありませんが、大学でも陸上競技を続けようと考えているので、部活動の引退をしていません。ただ陸上競技を続けるだけではなく、やるからには全国大会の決勝を目標に大学でも努力し続けます。また進路については、第一志望は〇〇大学です。しかし陸上競技部に所属するとアルバイトが禁止のため、国公立大学の合格も目指して頑張っています。どの大学に進んだとしても悔いのない学生生活を送ることが出来るよう、高校と同様に部活動、勉学においても全力で頑張ります。

アイコン:高校3年 Fさん 高校3年 Fさん

私は国公立大学の法学系の学部を目指して勉強しています。新型コロナウイルスの流行や共通テストに様々な変更が加えられ、不安が大きいですが精一杯頑張りたいです。

アイコン:高校3年 Yさん 高校3年 Yさん

私は〇〇大学の公募推薦を受験することを決めています。そのため今は、学校の先生方に協力していただきながら、受験に必要な小論文や面接の練習に努めています。もし〇〇大学に合格できたら、私は将来、この浜松 、ひいては静岡で、「日本人が異なる言語文化の壁を越え日本に住む外国人とよりよいコミュニケーションがとれるように育成できる環境づくり」ができる仕事に就きたいと考えています。私はこの3年間の中で、英語教育と多文化共生に対する興味を持ち、放送部では「自分の考えを自分の言葉で伝える力」の重要性を感じてきました。受験当日にむけ、自分の志を教授方に十分に理解していただけるよう、やれるだけのことをやり、受験に臨みたいと思います。

アイコン:高校3年 Nさん 高校3年 Nさん